《セブ島日本食事情!》

2016年3月23日

今週は、CEBU留学を長らくしている中で、日本食が恋しくなった方々への朗報です!
まず1店目は“居酒屋の呑ん気”です。
チェーン店でシティにはマンダウエの本店のほかに、
ビラマの支店、SMの支店があります。
マクタン島にも、マリーナモールを空港に向かう道路を挟んだ向かいに支店があります。

ここは、食事だけでも楽しめるフィリピン人に人気の日本レストランです。
スタッフはフィリピン人ですが、中には日本語をしゃべれる人もいます。
料理は日本の居酒屋と変わらない感じでお寿司や刺身、天ぷらなどがあります。
中でもランチの豚焼肉定食は普通においしいです!

 

DSC_2377_(1)

なかなかのボリュームです。

そのほかとんかつ定食360ペソ(約¥900円)や刺身定食490ペソ(約1,127円)というラインナップです。

 

更に、その名も“Barikata"

ここの豚骨スープはまさに日本で食べる

九州ラーメンそのものです!

 

 

 

メニューはシンプルに、赤豚骨、黒豚骨、白豚骨です。

写真は白で298ペソ(約685円)です。

※替え玉は30ペソ(約69円)

サイドメニューも十分ナインナップです!

場所はITパークにありますが、箸入れにもありますが、

暮里”や“筑前屋”という日本食レストランも同グループで、なかなかのものです!

 

ここで少しでも日本気分を味わって、

休み明けからの英語漬けに集中していきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話でのお問い合わせはこちら 03-5302-2239